学長・総長あいさつ 共同先端生命医科学専攻とは カリキュラム 教員紹介 入試概要

HOME > 学長・総長あいさつ

学長・総長あいさつ Messages from the Presidents

学長あいさつ

宮ア俊一東京女子医科大学と早稲田大学は、大学院共同教育課程という形で「共同先端生命医科学専攻」を設置する構想が文部科学省に受理され、2010年4月に開設致しました。新しい形の共同大学院を創設して新しい分野の人材育成をスタートさせることは、私どもの大きな喜びであります。

両大学は、50年以上も前から「医用工学研究施設」を拠点とし、人工臓器、医療計測、医用材料を中心とする医理工学の研究協力を進めて来ました。また本学は、医理工薬学系企業人を対象とするバイオメディカルカリキュラムを開講しており、2001年に大学院医学研究科に「先端生命医科学専攻」を、早稲田大学には理工学研究科に「生命理工学専攻」を設置して、両大学共同による研究指導と教育を行っています。2008年4月に両校連携の先端生命医科学研究教育施設(TWIns)を開設し、お互い一つの建物の中で、医学−工学融合による先端医療テクノロジーの基礎研究や臨床応用への橋渡し研究、そして、産官学連携による医療支援産業の創出の取り組みが大きく推進されています。本学の先端生命医科学センターでは、細胞シート工学を駆使した再生医療への応用や、医療機器工学とコンピュータを駆使したインテリジェント外科手術の開発などで多くの成果を挙げております。

もう一つの取り組みは、医学−工学融合の大学院を通じて先端医療の研究・開発・実践に従事できる研究者や、技術者、医師などを育成するシステムを構築することです。2005年の中央教育審議会の将来像答申以来、複数の大学における共同による教育資源や、人材を有効活用し、相互補完することにより、さらに相乗効果を引き出して高度化と個性・特色を鮮明化するコンセプトを基盤にした、新しい大学院の設置が推奨されています。我々はその魁として、この共同教育課程を開設しました。

「共同先端生命医科学専攻」は、医学と工学の融合を基盤とした、基礎研究と臨床医学研究から生まれた「実用化」に導く新しい複合領域である“医療レギュラトリーサイエンス”を命題とするものです。即ち、医療機器・医薬品・医用材料・再生医療・ゲノム医療等の実用化を検討する際に生じる、必要性・倫理性・安全性・有効性・経済性や試験法・審査法・統計推論・評価法・法制化などを広く学習し、研究して極めることを目的とします。そして新しい「博士(生命医科学)」の称号を両大学連名で授与します。将来、国公私立機関や企業、さらには国際機関で、この領域や関連分野の指導的な役割を担い、新規治療材料や医療技術の実現を促進し、医療の健全な発展に貢献する有為な人材を養成することを目指しています。皆様のご支援をお願い致します。

東京女子医科大学学長 吉岡 俊正

総長あいさつ

鎌田 薫早稲田大学は、東京女子医科大学とともに共同大学院「共同先端生命医科学専攻」の設置を申請し、幸い文部科学省の認可第一号として2010年春に開設致しました。新しく開設されましたTWInsに於いて新しい教育の仕組みに挑戦出来ることは本学の何よりの喜びであります。

早稲田大学は、創立125周年を契機に、理工学の立場から生命科学と医工学の領域に大きく踏み込む決意をしました。その一環として、東京女子医科大学に隣接する2000坪の国有地を両大学が共同購入し、そこに連携教育施設ある「TWIns(ツインズ)」を20083月にオープンさせました。そこでは、健康医療に関する複数分野の連携融合による技術イノベーションが生まれており、それらの研究成果を生かして医療に貢献していくためには、実際の医療の現場での実現を目指す必要があります。そのため、TWInsでの研究環境を十分に利用しつつ、新しい技術や承認審査のプロセスを理解し、それを実際の医療に早期に応用できるような医療レギュラトリーサイエンス分野の専門人材(目利き)の育成をこの共同大学院で行っていきます。

すでに第四期生まで、29名の博士(生命医科学)が誕生し、第五期生以降毎年10名の学生が産官学からバランスよく集まっており、研究に励んでおります。この共同大学院の取り組みを通じて、わが国の医療産業が世界をリードするものに発展するきっかけになるものと確信しております。

早稲田大学総長 鎌田 薫